くらし輝く

前橋をつくろう

女性市長の誕生で

福祉や子どもにあたたかい前橋に

私は、若者も高齢者も子育て世代も、安心して暮らせる福祉のまちをつくりたい。

性別を問わずすべての人が生きやすいまちをつくりたい。

市民のSOSにすぐ応える「すぐやる課」(仮称)を設置して、市民参加と対話を大事にした市民が主人公のまちをつくりたい。
そのためには、市の職員はできるだけ正規職員で、技術や技能を次の世代に共有し、専門性を生かし、ワンチームで市民のくらし応援団になってほしい。

私は、前橋を愛するすべての人と手を取りあって、一人ひとりが輝く市政をつくります。

希望のもてる前橋をつくる

7つの重点政策

前橋市長

選挙の

争点と政策

私たちも
たなはしせつ子さんを
応援します

子どもたちを健全に、安心して育てられる前橋へ。そして、福祉職員の処遇改善、配置基準の引き上げを実現してほしい。市長選応援しています。ともに頑張りましょう。
西須 雄大
保育士
30人学級が実現すれば、児童生徒一人ひとりに細かい対応が可能となります。それと同時に、教職員が増え長時間勤務の解消が進みます。小学校英語やコンピューターなど教育内容が増えている今、前橋市による30人学級が必要です。
鯉登 健二
元教員
店橋世津子さんは私たちと一緒に乳幼児の医療費無料化をすすめて実現してきました。現在、学校給食費の完全無料化が11の市町村で実現しています。前橋では第3子のみが該当なので、子育て支援としては不十分です。 大型事業の規模を小さくして、若い世代への応援として、学校給食費の無料化をすすめていきましょう。
岸 弘子
新日本婦人の会支部長

シェアしてたなはしせつ子を応援!

お問い合わせ

たなはしせつ子へのご意見・ご要望、市政に関するご相談など、お気軽にお寄せください。

日本共産党前橋地区委員会
〒371-0031 前橋市下小出町二丁目16-7
TEL : 027-232-1561

Top